電話の回線には銅線を使ったアナログ回線があります。
一般には固定電話として昔から使われて来たもので最も歴史が古くて障害も起こりにくく、信頼性の高いものです。
インターネットに接続する場合には配線工事は行わず通信会社内部の工事だけ行ってADSL回線として使うことができるようになります。

インターネットがつながるようになった初期段階ではISDNという同回線を使ったものが利用されていました。
INS64といった方式によって2本の銅線のうちの1本は通話回線用として利用でき、もう一方の回線はインターネット回線として利用できるもので通話を使わない時には2本の回線をインターネット回線として利用できるものでした。
ナンバーディスプレイなどの機能も利用することが可能で通信速度はADSLや光回線に比較して一番遅いとされていました。
ただテレビ電話は先方が同じ機器をとり付けている場合はそれでもって互いに画面の顔を見ながら会話ができるといったユニークな使い方もできるものでした。

その後全国的に光回線が張り巡らされてインターネットも高速回線が利用できるようになりました。
インターネットはADSL回線よりも高速なもので光電話と呼ばれるものも回線を利用してオプションとして利用できるようになりました。

ISDNの時代の基本料金に比較して光回線を利用した場合には価格は安くなって来ていて現在はこれが主流になりつつあります。
ただサイトなどで利用するレンタルサーバーによっては負荷がかかる場合もあるので転送量制限には注意しておく必要があるとされます。
又、光電話の場合には特徴としてつながらない番号もあるといったデメリットも存在します。

IP電話と呼ばれるサービスもあります。
これはインターネットの接続を行うプロバイダーによって提供されているサービスで携帯や固定電話でも利用できるものです。
一般電話は音声通話のみ可能ですが、IP電話はテレビ電話のような動画の通信も行うことが出来ます。
番号は050から始まりこれを利用する場合は専用の機器が必要になります。
基本料金は無料か高くて数百円とされています。
通話料金は一律料金が採用されていますがかけられない番号もあります。

携帯電話は野外で移動しながら通話が行える無線通信機器の一種の電話サービスのことを言います。
電波のやりとりで情報の送受信が行えるようになっていて波長は20センチ・メートル前後とされ当初は自動車電話から発展して行ったと言われています。

携帯電話は1960年代は小型化されたものの重量は重く、1970年代後半から実用化され次第に小型軽量化されて行きました。
1990年代に液晶ディスプレイが搭載され、2001年以降はインターネットとの融合が図られ2007年以降になってスマートフォンが登場しました。

Wi-Fiと通信規格LTEの違いは前者は無線LANルーターを介して利用し接続は無料ですが、後者は基地局を経由して利用するために有料という違いがあります。