光コラボは光コラボレーションの略で、2015年からNTTが始めたサービスです。
これまでNTTが独占的に占有していた光回線を、光コラボレーションという形で他の回線業者にも卸売りしました。
卸売りされた光回線は回線業者が買取り、回線業者がユーザーと契約を結びます。
有名なドコモ光やソフトバンク光、OCN光なども光コラボを利用したサービスです。
光コラボに参加している光回線業者は多数あり、ユーザーが選べる選択肢も豊富にあります。

既にフレッツ光回線を契約しているユーザーが、NTT以外の業者に切り替えることを転用と呼びます。
通常は途中で解約すると違約金がかかりますが、転用の場合は回線を変更する必要がないので違約金はかかりません。
各社はそれをサービスポイントとしてアピールしています。
またドコモ光でフレッツ光回線を契約し、スマートフォンもドコモにすればセット割引によってさらにお得になります。

光コラボは回線業者とプロバイダーの窓口が一緒になるので、業者とのやり取りや支払いが楽になるというメリットがあります。
光コラボに参加している業者は独自のサービスを展開しているので、価格や付加価値を前面に押し出しています。
それによって競争原理が働くので、光コラボはユーザーにも業界全体にとっても良いことです。

まだ光コラボの認知度はそれほど高くはなく、利用していない人も多くいます。
乗り換え時の再手続きを面倒に感じていることも要因の1つです。
手続き窓口はインターネットと電話の両方が用意されています。
インターネットなら必要事項を記入するだけですし、電話であればオペレーターが対応してくれます。

工事費用が高いと考えている人もいるはずです。
新規で申し込む場合は工事費が発生しますが、現状でフレッツ光回線を利用しているなら、そのままの回線が使えるので基本的には工事不要です。
光コラボは一戸建てとマンションで契約体系が変わりますが、料金が安くなりやすいという特徴があります。
またプロバイダーと光回線がセットになっているので、トラブルの際に解決しやすいのも魅力です。

光コラボへの転用は人によっては複雑に感じる人もいます。
それを悪用している業者もいないとは限りません。
以前は代理店を管理していたのはNTTでした。
しかし光コラボになってからは他社サービスになったので、各業者に問い合わせることになります。
必ず内容や料金プランに納得してから契約するようにしましょう。