インターネットが登場し、光回線が出現したことで様々な点で便利になりました。
インターネットの高速化は人々の生活をも早足にして多忙な人が増えただけでなく、メリットもたくさんあり、少なくともうまく波に乗って行けば非常に便利なことがわかります。
光回線で行うことができるのはウェブ会議やテレビ会議になります。
光回線を使いウェブ会議やテレビ会議ができることによって、さまざまなメリットがありますが、まずは、会議のたびに移動する必要がなくなった点は大きなメリットと言えるでしょう。
かつて支店長会議や営業所長会議などを行う場合は、各営業所が本社に集まり一斉に会議をしていました。
現在でもそのようなやり方をしているところも多いですが、これをウェブ会議やテレビ会議にするだけでまず移動する時間を大幅に短縮することができます。
例えば本社が東京にあるのに群馬県の営業所長がわざわざ東京に出なければならないとすれば往復で3時間から4時間程度移動の時間を使うことになります。
これを毎月繰り返すとすれば、12時間から16時間のロスになるでしょう。

ですが、ウェブ会議やテレビ会議をインターネットで行うことで、これらの時間を無駄にすることがなくなり、仕事に集中できるでしょう。
また、経費などもばかになりませんでしたが、インターネットで会議をすることができれば交通費などを一切出す必要がなくなるため、無駄がなくなるでしょう。

国内で行う場合であってもそれだけメリットがありますので、国外の場合はさらにメリットが大きいと考えられます。
インターネットは国内だけでなく国外にもつなげることができるため国外に支店がある場合わざわざ来日してもらうのではなく、インターネットで会議に参加することが可能です。

光回線を使うことによって、映像がきれいなだけでなく音声も明確に聞き取ることができます。
一昔前のテレビ会議の場合は音声が途中でとぎれたり、回線が切れてしまったりとトラブル続きでストレスがたまりますが、光回線の場合はそのようなトラブルは考えにくくたとえ大容量のデータを送る場合でも採用することができます。
国外の場合は、速度が問題になりますが、1秒程度はずれ込むことがありますが、会議をする場合でも問題のない速度です。

契約をする場合には、本社のみ契約をすればほかの支店のテレビなどを新たに契約する必要はなく、それぞれ工事をしてくれるでしょう。
ただし、接続する事務所が多ければその分だけ料金はかかります。