インターネットを利用する上で欠かせないのが光回線です。
数年前まではADSLが一般的でしたが、最近では光回線の普及率が大幅に増え、知識が無ければ置いて行かれてしまう時代に突入したと言えます。
そもそも光とは何なのか、複雑な仕組みに苦手意識を持っている方も多いことでしょう。
時代に取り残されないためにも、ここで光回線についておさらいをしておきましょう。

光回線は光ファイバーケーブルを使ったインターネットを利用するためのブロードバンド回線になります。
この回線は多くの事業者が国内全域へ普及させており、このインターネット接続のことを光インターネットと呼んでいます。
光インターネットの大きな特徴の一つが通信速度が速いことです。
従来までのADSLやISDNに比べ、大きな容量の情報を確実かつスピーディーに送受信ができるようになっています。
これまでの接続形式だとNTTの基地局から離れるだけ回線速度も低下するのが基本でしたが、光回線ではそのようなデメリットがなく、常に安定した通信速度が維持できる利点があるのです。

全国でつながる光回線この光回線を提供している国内最大級の企業がNTTです。
NTTの光回線は通称「フレッツ光」と呼ばれ、国内で最も普及率の高い回線サービスとなります。
提供しているサービスはNTTの東西ともに同じですが、契約形態がそれぞれ若干異なるため、やや複雑な構造をしています。

光回線だけだとインターネットを利用することができず、同時にプロバイダとも契約しなければいけません。
プロバイダはパソコンとインターネットを接続させる橋渡しのような役目を担っているサービス業者です。
光回線はインターネットの実質的な通り道となりますが、そこを情報が通るためにはプロバイダと契約を交わす必要があるのです。
つまり、契約の際には回線契約料とプロバイダ契約料の二つを支払う義務があります。

プロバイダによって料金形態は違い、中には回線料金とプロバイダ料金を一括に請求している業者もあります。
各業者によって契約時におけるメリットとデメリットがあるので、選択は慎重に行わなければいけません。
ただしプロバイダは品質に満足できなければ他の業者へ乗り換えることもできるので、選択に失敗したとしても心配ありません。

光回線にはNTTのフレッツ光以外にも、auが提供する「auひかり」が存在します。
これはKDDIが自前で引いている光ファイバーによる光回線サービスで、フレッツ光と同様に全国展開をしています。
auひかりの利点はauのスマートフォンを利用している方であれば割引が適用されることです。

NTTを知ることが基本

光回線を理解する上で欠かせないのが、NTTを知ることです。
NTTは日本における最大級の通信事業会社で、フレッツ光という国内で最も普及率の高い光回線を提供しており、光インターネットの代名詞的な存在となっています。
近年では多くの企業と提携した光コラボが人気を博しており、光回線を取り巻く環境はますます複雑化しています。
この現状に苦手意識を抱いてしまう方がいても不思議ではありません。

これまでの国内における光回線事業はNTTのフレッツ光による独壇場でしたが、光コラボの台頭により図式に変化が見られます。
大小様々な企業と光コラボを展開することにより、利用者が分散されて光インターネット網が軽くなり、通信速度の低下を招きにくい環境が構築されつつあるのです。

光コラボで他の企業が接続サービスを提供していたとしても、大元はNTTのフレッツ光であることに変わりないため、結果的には利益が減ることはありません。
つまり、Win-Winの関係であると言えます。
そのためNTTとしては、これまでの販売店で売り上げる方式から、光コラボでの販売形式に切り替えようと様々なキャンペーンを実施しているのです。

光回線について話を聞く様子NTTの光回線は全国の95%が対応しており、どの地域からでも安定したインターネットに接続できる点が強みです。
一方で大手企業であるがゆえに価格は少々高めに設定されています。
それでも長年の経験に裏打ちされた手厚いサポート体制は魅力であり、光回線初心者の方に対するケアも万全に整っています。
ここ最近になって増加している独自の光ファイバーによる光回線は価格こそリーズナブルに設定されていますが、通信が不安定になりやすかったり、対応しているエリアが一部に限られているなどのデメリットがあります。

NTTの提供するフレッツ光を知ることで、全国に普及している光回線の仕組みを知ることができます。
今やフレッツ光一本で提供していくことが難しくなってきているため、今後は他社と協力した光コラボの提供が主流となっていくことでしょう。
また、光回線の代名詞とも言われるフレッツ光ではなく、独自の回線を持った業者も増えていくことが見込まれており、ユーザー側としては選択肢が増加することになります。
ただ以前に比べれば光回線を導入するための敷居が低くなっていることは事実であり、初心者のためのサポートも充実してきているため、苦手意識を持つことなく接することが重要となるでしょう。